本文へスキップ

ディー・シー・シー株式会社は、脳で聴くヒアリング・デバイス「プレスティンⓇ」を開発・製造する会社です。

会社概要 CompanyCOMPANY

会社方針

音楽のある生活を♪



Prestin®トランスデューサーを組み込んだ、生活の質の向上に役立つ製品の実用化と応用開発を行っております。「脳で聴く」ミュージック・ヒアリング・デバイスで鼓膜を使わずに「音楽のある快適な生活」を楽しんでいただきたいと願います。


会社概要

社名
ディー・シー・シー 株式会社  
主な事業
第二種医療機器製造販売業 許可番号13B2X10227

ヒアリング・デバイス「プレスティンⓇ トランスデューサー」の開発・製造
(プレスティンⓇと PRESTINⓇはディー・シー・シー株式会社の登録商標です)
厚生労働省 平成25年度、平成27年度障害者自立支援機器開発助成事業採択機器
医療臨床での共同研究:加我君孝先生(国立病院機構 東京医療センター 臨床(感覚器)センター 名誉センター長)
代表取締役社長
國司 哲次
本社所在地
〒112-0003 東京都文京区春日2-4-4 3A
info(アットマーク)prestin.jp
販売
株式会社メディカルネットワーク
medical-network(アットマーク)prestin.jp
https://msoo.jp

開発・特機は ディー・シー・シー株式会社
sales(アットマーク)prestin.jp

沿革

2007年6月
東京都港区に株式会社ディ・シー・シーを設立
2013年6月  
ヒアリング・デバイス、プレスティンⓇ 「きのこ」を開発       
2013年9月
「これまでに無い高出力・高音質な骨導ー補聴具に関する開発」が、厚生労働省「平成25年度 障害者自立支援機器等開発促進事業」に採択される                     
2014年3月
事業申請許可
第二種医療機器製造販売業 許可番号13B2X10227  
2014年6月
ディー・シー・シー株式会社に社名変更
2014年9月
プレスティンⓇ トランスデューサー搭載のプレスティンⓇ ベータ(PRESTINⓇ Beta)を開発
2015年2月
プレスティンⓇ 「きのこ」スタンダード、プレスティンⓇ 「きのこ」ポータブルを開発
2015年6月
プレスティンが権威ある医学技術ジャーナル Med Gadget に掲載される。著者は、ハーバード大学・ジョンズホプキンス大学 MD/MBA Candidate。
2015年7月
「補聴器が使えない難聴者の為のGMT骨導補聴器の開発、装用の工夫、及び、骨導補聴器の安全性測定方法の研究開発」が、厚生労働省「平成27年度 障害者自立支援機器等開発促進事業」に採択される 
2015年9月
鼓膜を使わずにハイレゾ音楽を聴くことができるハイエンド・オーディオ、プレスティンⓇ ミュージック・ヒアリング・デバイスを受注生産開始
2015年12月27日
毎日新聞(朝刊、首都圏版)に掲載される
2016年3月
厚生労働省「平成27年度 障害者自立支援機器等開発促進事業」の助成を受けて、先天性外耳道閉鎖症/小耳症用のコンタクト方式補聴具を開発  概要
2016年4月
プレスティンⓇ きのこⅡ、プレスティンⓇ Beta(ベータ)Ⅱ のモニターを開始
2016年5月26日
中日新聞(朝刊、地域版)に掲載される
2016年9月21日
朝日新聞(朝刊、地域版)に掲載される
2016年12月8日
読売新聞(朝刊、全国版)に掲載される
2017年8月11日
日刊工業新聞に掲載される
2017年8月31日、9月14日
JBpressに掲載される
2017年9月10日
BS日テレ「挑戦へのエール」で紹介される
2018年10月
音楽鑑賞用ヘッドホン開発
2018年11月20日ー22日
HOSPEX JAPAN 2018「ホスピタルサウンドソリューション展 」に出展

バナースペース

ディー・シー・シー株式会社

〒112-0003 東京都文京区春日2-4-4 3A

info(アットマーク)prestin.jp
https://prestin.jp


販売
株式会社メディカルネットワーク

〒618-0002 大阪府三島郡島本町東大寺86-1-201

medical-network(アットマーク)prestin.jp
https://msoo.jp