本文へスキップ

ディー・シー・シー株式会社は、高度難聴者用ヒアリング・エイド「プレスティンⓇ」を開発・製造する会社です。

厚生労働省 障害者自立支援機器等開発促進事業 事後報告書




厚生労働省 平成25年度 障害者自立支援機器等開発促進事業に採択され開発しました 「Prestin®トランスデューサー」です。

厚生労働省障害者自立支援機器等開発促進事業助成を受けて、国立病院機構東京医療センターで110名の高度難聴患者、重度難聴患者、Auditory Neuropathy、大脳皮質障害者を対象にプレスティン・トランスデューサーの臨床試験を行った結果、60%に効果が認められました。 その内、罹患原因が違う40症例について加我君孝先生(東京大学名誉教授、国立病院機構東京医療センター臨床(感覚器)研究センター名誉センター長)の評価は下記の通り。
(障害者自立支援機器等開発促進事業事後報告書より)

1 軽中等度難聴( 25~70デシベル)
すぐそばで、ゆっくり大きな声で話すと聴き取れる
(a) 伝音性難聴 適している
(b) 感音性難聴 適している
2 高度難聴 ( 71~90デシベル)
耳元で大きな声で話すと聴き取れる
(a) 伝音性難聴 適している
(b) 感音性難聴 症状によるが、6割の方に効果が期待できる
3 外耳道閉鎖症 適している
4 Auditory Neuropathy  適している
5 重度難聴 ( 91デシベル以上) × 効果なし
6 大脳皮質障害 × 効果なし

内有毛細胞が損傷している場合、薬剤(アミノグリコシド系抗菌薬や白金製剤)による内有毛細胞不全、気道式補聴器の使用による内有毛細胞の損傷、聴神経の損傷による突発性難聴、 重度難聴、脳障害による難聴には対応していません。




採択されたトランスデューサーの応用製品

プレスティン® きのこ プレスティン® U(ユー)
     
 
 受付カウンター、デイサービス、問診に最適

バナースペース

ディー・シー・シー株式会社

〒112-0003 東京都文京区春日2-4-4 3A

ongaku_time (アットマーク) 弊社ドメイン名
https://prestin.jp