本文へスキップ

ディー・シー・シー株式会社は、高度難聴者用ヒアリング・エイド「プレスティンⓇ」を開発・製造する会社です。

厚生労働省 障害者自立支援機器等開発促進事業 事後報告書

  

厚生労働省 平成25年度 障害者自立支援機器等開発促進事業に採択され開発しました 「Prestin®トランスデューサー」です。

厚生労働省障害者自立支援機器等開発促進事業助成を受けて、国立病院機構東京医療センターで110名の高度難聴患者、重度難聴患者、Auditory Neuropathy、大脳皮質障害者を対象にプレスティン・トランスデューサーの臨床試験を行った結果、60%に効果が認められました。 その内、罹患原因が違う40症例について加我君孝先生(東京大学名誉教授、国立病院機構東京医療センター臨床(感覚器)研究センター名誉センター長)の評価は下記の通り。
(障害者自立支援機器等開発促進事業事後報告書より)

1 軽中等度難聴( 25~70デシベル)
すぐそばで、ゆっくり大きな声で話すと聴き取れる
(a) 伝音性難聴 適している
(b) 感音性難聴 適している
2 高度難聴 ( 71~90デシベル)
耳元で大きな声で話すと聴き取れる
(a) 伝音性難聴 適している
(b) 感音性難聴 症状によるが、6割の方に効果が期待できる
3 外耳道閉鎖症 適している
4 Auditory Neuropathy  適している
5 重度難聴 ( 91デシベル以上) × 効果なし
6 大脳皮質障害 × 効果なし

バナースペース

ディー・シー・シー株式会社

〒112-0003 東京都文京区春日2-4-4 3A

info(アットマーク)prestin.jp
https://prestin.jp


補聴器は老人性難聴に効果が無い

補聴器は音を大きくして補聴する仕組みのため、音を感じるセンサーである有毛細胞 の死滅が原因の老人性難聴(感音性難聴)では、幾ら音を大きくしても補聴効果はあり得ません。既存の骨伝導は全く補聴効果が有りません。なのに何故プレスティンだけが感音性難聴でも聴こえるのでしょうか?

感音性難聴(難聴全体の8割)の補聴手段は、理論的には振動を頭蓋骨を介して内有毛細 胞に伝える骨伝導方式だけですが、既存の骨伝導では振動に変換された骨伝導デバイ スの音声情報が皮膚と皮下脂肪により周波数の二乗に反比例して減衰し、振動が正確に頭蓋骨に伝わらないために効果が無いのです。骨伝導で使われている圧電素子では 母音の500Hzは聴こえるのですが、子音(1.5kHz以上)は減衰して聴こえません。減衰に打ち勝って音声情報を蝸牛の内有毛細胞まで届けるには、振動を伝達する「発生応力」 と「加速度」が必要です。

プレスティンに於ける「発生応力」とは弾性変位時に耐えうる重量であり、言い方を変えれば重量物を移動する力≒振動伝達能力です。圧電素子はパルスを発しますが弾性変位を起こしませんのでパルスで物を動かせるのは5g位ですが、プレスティンの発生応力は10.4kgです。つまり圧電素子が5gの物を動かす力に対してプレスティンは10.4kgの物を動かすことが出来るのです。

故にプレスティンは内有毛細胞が健全であるならば全周波数帯域の音声情報を正確に 内有毛細胞と脳に伝達することができるのです。